ファスナーを閉めたはずのに開いてきてしまう財布のファスナー修理

ドクターレザーおかざきのホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。
今回は、財布、鞄を問わず、修理依頼が一番多く、皆様も一度は御経験があると思われる「ファスナーを閉めたはずなのに開いてしまう。」というファスナー修理の事例をご覧抱きます。

お問合せ内容

お客様

ラウンド財布のファスナーなんですが、ファスナーを閉めたはずなのに開いてきてしまうんです。
こういった修理も行って頂けるのですか?

店主

はい、問題なく修理できますよ。
ご依頼品の財布に使われいるファスナーがYKK製でしたら、スライダーというパーツの交換で対応可能かと思います。
ただ、YKK製出なかった場合は、ファスナーの全交換による修理になりますのでご了承下さい。

お客様

よかった!
ちなみに、修理代金はいくらくらいになりそうですか?

店主

スライダーの交換修理でしたら、5,500円(税別)になります。
もしファスナー全交換となると、お預かりしてからのお見積りとなるのですが、今までの事例から20,000円~25,000円くらいになると思います。
お預かりして、スライダー交換では修理が出来ない場合、ファスナー全交換となるのですが、全交換までの費用はちょっと・・・とお思いの時は気軽に修理キャンセルができますよ。

お客様

分かりました。
是非お願いしたいので、また持っていきます!

後日、お客様がご来店され、依頼品を確認させて頂きました。

依頼品の修理内容

依頼品の財布を確認させて頂きました。
ファスナー部分のテープ、エレメントには問題は全くありませんでした。

POINT閉めたのに開いてしまう」という症状は、スライダーの内側がファスナーのエレメントと擦れて摩耗してくると発生しやすくなってきます。

ファスナーのエレメントとスライダーは油分を使わずに常に擦っている状況となっています。そこにお客様の財布の開け閉めの癖で一部分に強い不可がかかると、強く擦れ合いスライダーの内側がすり減ってくる状態となり、そうなるとうまくエレメントを合わせられなくなり、閉めたはずのエレメントが外れ、ファスナーが開いてしまう症状が発生してしまいます。

スライダーの内側がすり減っている状態ですので、問題のスライダーを交換すれば、症状は治ります。ただ、当店ではYKKのパーツのみしか取り扱っておらず、他社製のファスナーの場合は、ファスナーの全交換もしくはファスナー全交換をご希望されない場合は修理不可とさせて頂きます。

修理前の依頼品の状態

写真を見て頂くとわかる通り、ファスナーのテープ、エレメント共に問題がないのがわかって頂けるかと思います。

修理完了

お預かりしてから3週間、お客様の依頼品が工房から戻ってきました。
当店でも確認させて頂き、無事ファスナーの開け閉めができる事を確認することができました。

修理期間については、どうしても、担当する職人の抱えている修理の案件数で修理完了までの時間が変わってしまいますので、修理期間については余裕見て頂きたいです。

修理完了後の依頼品の状態

お客様へお渡し

お客様に確認をして頂きました。

「全く問題なくファスナーの開け閉めできます!」

これからも大切に使って頂きたいと思います。

今回の修理について

修理内容:ラウンド財布 スライダー交換修理
ブランド:Louis Vuitton(ルイヴィトン) ダミエ
修理期間:3週間
修理費用:5,500円(税別)


非常にお問合わせの多い修理事例です。
ファスナーの不具合が発生し、修理をしようとしたら、非常に高い修理見積もりを出されて、泣く泣く使わなくなった財布などお持ちではありませんか?
もしかしたら、当店で安く修理できるかもしれません。お気軽にお問合わせ下さい。


【かばん・財布・靴✚革の病院 ドクターレザーおかざき】
TEL:070-5405-6987 〒444-0824 愛知県岡崎市上地町丸根46-2
愛知県【岡崎市・幸田町・西尾市・安城市・刈谷市・知立市・碧南市・高浜市・豊田市・みよし市・豊川市・豊橋市・田原市・新城市・半田市・大府市・豊明市・日進市・東郷町・東浦町・長久手市・名古屋市・東海市・知多市・常滑市・美浜町・南知多町】
革製品の修理【革染め、内張り張替、鞄修理、財布修理】、靴のクリーニング&カラーリング
ルイ・ヴィトン、コーチ、グッチ、シャネル、ボッテガ・ヴェネタ、エルメス、クロエ、プラダ、トリーバーチ、バーバリー、ロエベ、クリスチャン・ディオール、フェラガモ、セリーヌ