エナメルの染め直し・染め替え修理

エナメル製品の特長

ルイヴィトンの「ヴェルニ」が特に有名かと思いますが、他にもシャネル、MIUMIU、フェラガモなどの有名ブランドからも販売されています「エナメル」加工された革製品があります。

エナメルとは?

厳密には、ワニスと顔料を混合した塗料、「エナメル塗料」の事をさします。このエナメル塗料を塗って乾燥させる事をエナメル加工といい、このエナメル加工された物を「エナメル」と表現することもある。「クロムなめし」をした革の表面をかるく磨き、水性塗料で下塗りし、油脂または合成樹脂を厚く塗って、乾燥させる。 特徴としては、素材に鏡のような光沢がでる他、防水性も生まれるとされています。

革の表面に透明な樹脂が塗られる事により光沢が生まれ、耐久性と防水性を高めています。さらに汚れが目立ちにくいという特性があるようです。

エナメル製品のトラブル

革にエナメル塗料を塗る事で耐久性を向上させた「エナメル」ですが、革本来とは異なったトラブルが発生する事があるようです。大きく分けると4つのトラブルに分類できるかと思います。

1・エナメルの曇り
2・表面の亀裂・ベタつき
3・色移り
4・変色

とくにエナメルの曇りは、素手で触れる事で発生しやすくなるとされています。ガラスに触った時、指紋が付いてしまう様に、エナメルの表面を触れてしまった時も見ずらいですが指紋が残ってしまいます。この指紋は「皮脂」や「手垢」であり、そのまま放置しておくとエナメルの曇りの原因になり、透明だったエナメルが白く濁ったようなエナメルになってしまう事もあります。その為、日々のメンテナンスで予防する事ができる訳ですが、逆にいれば日々のメンテナンスを行っていないと・・・・。

また、エナメルは非常に色を吸いやすいという特徴があり、色物に触れているだけで移染してしまいます。その為、保管の際には他の物と触れないように注意しておくことが必要です。

日本特有の高温多湿の梅雨時・夏場は非常に革製品にはつらい気候と言われていますが、エナメル加工された素材にも同様であると言われており、高温多湿のなかに保管していると、エナメル素材が変化しベタつき、亀裂などが発生しやすくなってしまいます。このエナメル質の変化が鞄の色合いも変色させてしまうとされ、黄ばみ、変色、色むらなどが発生する原因ともなります。

当店では、鞄などは「箱や袋の中に入れて扉をしめたクローゼットの中では絶対に保管しないで下さい」と説明させて頂いております。エナメル製品も同様の注意点があり、下記のような保管を心がけて頂きたいと思います。

1・日の当たらない風通しのいい場所で保管する。
2・保管する際、箱や袋などに入れないようにする。
3・他の物に触れないように注意して保管する。(特にエナメル製品)

更に、トラブルが発生してしまった時の大きな問題点として、購入したブランドの修理サービスではエナメル製品のトラブルは基本的に修理不可であると思った方が良いかと思います。そして、当店の様な革修理店でもエナメル素材の修理については対応不可とさせて頂いている店が多く、エナメル修理が可能な店舗は非常に少ないのが現状だと思います。

エナメル製品の修理

当ドクターレザーおかざきでは、開店以来多くのエナメル製品ついてのご相談を頂いておりました。しかし、今までは当店ではエナメル製品の修理を行う事が出来ず、断腸の思いで修理不可と伝えさせて頂いていました。何とかお客様の声にお応えしたいと思い、エナメル製品の修理ができる工房を何年もかけて探し、この度、エナメル製品の修理を行っている工房と提携させて頂く事になりました。

まだ、2019年9月より提携を始めた為、修理事例をご紹介する事ができず、申し訳ございません。

エナメル製品の修理費用

●染め直し修理

  縦×横×高の合計 基本価格 納期
Sサイズ ~ 450mm 32,000円(税別) 1ヶ月~2ヶ月
Mサイズ 450mm ~ 700mm 38,000円(税別) 1ヶ月~2ヶ月
Lサイズ 700mm ~ 900mm 44,000円(税別) 1ヶ月~2ヶ月
LLサイズ 900mm ~ 50,000円(税別) 1ヶ月~2ヶ月

●染め替え修理

  縦×横×高の合計 基本価格 納期
Sサイズ ~ 450mm 36,000円(税別) 1ヶ月~2ヶ月
Mサイズ 450mm ~ 700mm 42,000円(税別) 1ヶ月~2ヶ月
Lサイズ 700mm ~ 900mm 48,000円(税別) 1ヶ月~2ヶ月
LLサイズ 900mm ~ 54,000円(税別) 1ヶ月~2ヶ月

染め替えの場合、希望される色が決まっていましたら、カラーサンプル品をお持ちください。写真などの場合、プリントアウトした物でお願いします。画像でお持ちになった場合、モニターの違いで、お客様がお持ちのイメージとズレてしまう場合がありますので、ご理解下さい。

※染め替え修理については、元色より薄い色への染め替え修理は行う事ができません。
※ファスナーがついているバッグの染め替え修理の場合、ファスナーの布部分にも色入れを行います。

当店での修理事例

2019年9月より提携を始めた為、修理事例をご紹介する事ができず、申し訳ございません。