ビフォーアフター

鰐革財布の染替え修理

 今回紹介させて頂く修理事例は、鰐革財布の染め直し修理になります。当初は染め直し修理のご希望だったのですが、所々黒く変色して閉まっているなど革の状態がかんばしくなく、染め直し修理を行っても黒く変色してしまった個所を隠すことが難しい為、きれいにするためには黒色への染替え修理をお勧めさせて頂きました。
 お客様も「綺麗になるなら黒色に染め替え修理でも問題ないです。」とのご返事でしたので、さっそく染め替え修理の行程に入らせて頂きました。

革染修理について

「ドクターレザーおかざき」で非常に好評を頂いております修理のひとつになります。色褪せ・色ムラ・変色・すり傷などが目立ってきた時、革染修理を施す事で革全体に栄養も補給されて、ご依頼品のリフレッシュになり、綺麗になっただけでなく質感も非常に良くなったと感じて頂けます。

革染め修理(Color Repair)

「ドクターレザーおかざき」がお勧めする革染め修理とは  バッグや財布などの革製品は、表面の"黒ずみ"、"色あせ"や"細かいキズ"、"よごれの付着"に"角が擦れ"など、日頃から愛用しているとどうしても発 ...

続きを見る

お問合せ内容

 「フリマサイトで購入したワニ革のウォレットを綺麗にしてほしい。」というご依頼を頂きました。冒頭にも書いていますが、当初は染め直しでの修理がご希望だったのですが、お預かりさせて頂いた財布を確認する限りでは、以前のオーナーの方はオイルメンテナスを行っていなかった様で、かなり油分が抜けてしまい状態としては「カサカサ」と表現できるくらい表面は乾ききっていてかなり革の耐久性も落ちている感じがしました。
 そういった状態で使用されていたのか、元々青色系に染められていた革の色落ちが激しく、また表革の状態も思わしくなく、この状態で元色での染修理をしても最初から色ムラが発生してしまった様に見えてしまう可能性が非常に高い為、お客様の確認をさせて頂いた上で「黒色」への染替え修理とさせて頂きました。

修理前の依頼品の状態

 財布は基本的に素手で触れる機会が非常に多いので、手の油が付着するので、そこまで神経質になってオイルメンテナンスは考えなくても大丈夫だったりするのですが、久々にここまで油分が抜けてしまっている財布に出会いました。出品された方は何年も使っていなかったのかな?

依頼品の修理内容

 財布表面の汚れなどを綺麗に除去した後に、下地処理を行い、独自に配合した黒色の専用塗料を使用して革染修理を行います。

修理完了

 お客様より染め替え修理への了承を頂いてから5週間程お時間を頂きましたが、工房より当店に修理完了した依頼品が送られてきました。

修理後の依頼品の状態

黒色に変わっただけですが非常に引き締まった印象を受けます。使用していくうちに財布と塗料が馴染んできてもっと自然な感じになるはずです。

お客様に引き渡し

 今回のお客様は、遠方にお住いの方でしたので、郵送でのやり取りとなってしまった為、直接ご感想を窺う事はできなかったのですが、気に入って頂けたと信じております。

今回の修理について

  • 修理内容:染め替え修理
  • ブランド:BILL WALL LEATHER
  • 修理期間:5週間
  • 修理費用:19,800円(送料、消費税込み)

当店では、革にダメージを与えてしまう可能性のある「クリーニング修理」は極力行わず、革染修理での対応とさせて頂いております。財布や鞄の色褪せ、色ムラ、すり傷などにお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

-ビフォーアフター

© 2021 かばん・財布・靴+革の病院ドクターレザーおかざき