すべり台のある公園を求めて ~幸田中央公園遍~

公園情報

所在地 幸田町大字菱池字元林
駐車場 無料:83台
遊具 すべり台:ローラーすべり台 ×1
すべり台:複合型すべり台 ×1
ジャングルジム ×1
ブランコ ×1
特徴 幸田町役場の東隣にある広さ6.1haの都市公園。
4月は約200本の染井吉野や山桜、5月にはつつじがきれいに咲きます。
また、一周約500mのグラウンド外周をジョギングやウォーキングしたりする人も多く見られます。

幸田町観光協会HP」より

すべり台情報

ここ、幸田中央公園に中々長いローラーすべり台があると聞き、息子とやってきました。場所は、幸田町役場のすぐ東隣りにあるので迷う事はないかと思います。駐車場は公園に入ってすぐの所にあるのかな?と思っていたのですが予想が外れて公園の中を突っ切る感じで一番奥に用意されていました。

幸田町役場のすぐ隣にあるという事で、色々なイベントにも使われるんだろう大きなグラウンドが目を引きます。グラウンドの外周部分は舗装されていて、ウォーキングを楽しめる様になっているようです。この舗装されたコースを通ってすべり台が置いてある場所に向かっていきます。情報では、2台あるすべり台が同じ場所に据えられているそうです。

見通しのいい公園という事もあって、遠くからすべり台を見つけた息子は、すべり台に向かって猛ダッシュ! 平日という事もあり、ほぼ貸し切り状態だったので、めちゃくちゃ嬉しそうでした。

まずは、複合型遊具に付随しているすべり台になります。

近年公園に設置されている遊具を見ていると、こういったアスレチック要素を加えた遊具が非常に勢力を伸ばしている様です。こういった遊具で一つお願いしたいのは、通常の階段が用意されていないので、付けてほしいんですよね。網や垂直な階段などしか用意されていない遊具が多く、2~3歳の子供だと自分で登れず、抱っこしてすべり台の滑り口まで上げるのですが、階段があれば自分で登れるのになあ~って思うんです。是非、お願いしたい部分ですね。

と、自分のお願いは置いておいて、ここ幸田中央公園に据えられている「複合型すべり台」は、抱っこしてあげるにしても床面が比較的低く作られていて、幼児を遊ばせるにはとても魅力的なすべり台だと思います。さらに、このすべり台は、複合型すべり台には珍しくローラー型が採用されています。

傾斜角度は正直非常に浅いすべり台なんですが、ローラー型の為滑りが良く、息子が何度も滑っているのを見ていると、非常に楽しいすべり台なんだろうと思います。

さて、本命の巨大すべり台はというと・・

正確な長さは解りませんが、ホームページなどを見ていると全長は50mほどになるようです。
この巨大すべり台も傾斜は比較的緩やかになっています。さらに親として嬉しいのは、すべり台の最初から最後まで一緒に歩いてついていけるという所でしょうか。写真を見てもらってもわかる通り、すべり台は丘の傾斜を利用しているのもあって、すべり台のコースは100cmぐらいの高さをキープしながら滑っていくので、最初から子供と手をつなぎながら滑らせる事も可能です。更に、緩やかなすべり台なのでスピードが出ないのも好印象ですね。遊具に張られているステッカーを見ると推奨年齢は6歳~12歳の様ですので、幼児が遊ぶときは親がついていないといけませんね。

息子とすべり台2台だけで2時間近くこの公園で遊んでいたので、中々息子的には高評価のすべり台だと思います。是非お近くの方はお子さんと遊びに行っては如何ですか?

遊具の多さ    ★★☆☆☆
すべり台の評価  ★★★★★
アクセス     ★★★★★
総合       ★★★★☆

色々な遊具で遊びたいお子さんには物足りないかもしれません。ブランコなども用意されているのですが、すべり台のある場所から離れている為、気軽にすべり台もブランコもと同時に遊ぶには移動が大変な公園です。

幸田中央公園の所在地