鬼太郎電車

鬼太郎電車(鬼太郎)米子から境港までを繋ぐJR西日本の境線を走っているのがこの鬼太郎電車(四代目)です。

ゲゲゲロードが完成した平成5年(1993年)から地域振興もかねてJR西日本が鬼太郎電車を走らせています。今では、境線を走る一部列車を除いて鬼太郎電車になっています。

境線は、大半が非電化路線の為、キハ40系気動車が使われています。
このキハ40系なんですが、生産されていた時期は、国鉄時代まで遡り、昭和52年(1977年)~57年(1982年)にかけて製造されています。さすがに、30年選手となり、徐々にJR各社が設計・製造した新型気動車に切り替わりつつあります。JR東海管轄ではすでにキハ40系は淘汰されてしまっています・・・。

走っている鬼太郎電車は6種類

境線を走るキハ40系の大半を鬼太郎列車としてラッピングを行っていて、

2015年現在では、
・鬼太郎(四代目)
・目玉おやじ(二代目)
・ねずみ男(二代目)
・ねこ娘(二代目)
・こなきじじい(初代)
・すなかけばばあ(初代)
の6両が運行されています。

私が境港に行ったときは、鬼太郎とねこ娘の2種類しか見れず・・・
鬼太郎電車(ねこ娘)

 

もう一度、境港に行って、全車両を見たいですね。


島根県・鳥取県では、観光振興の為なのか、ラッピング列車が数多く走っています。

とくに、鳥取県は「まんが王国とっとり」をうたっていて、コナン列車も走っています。
コナン列車ちなみに、コナン列車は、島根県・鳥取県を走っている山陰本線の高速化の為にJR西日本が開発したキハ121・126系を使用しています。
山陰本線「鳥取駅」と「米子駅」の間を運行しているそうです。さすがに全車両というわけにはいかず、黄色とピンクの2編成のみ運行となる為、乗車する場合は、運行表を事前に調べていく必要がありそうです。


こういったラッピング列車なんですが、愛知県だったら、鳥山明氏がいるわけで・・・・ドラゴンボール列車とかDrスランプ列車とか走らせてもらいたいですねぃ。

「ドクターレザーおかざき」からのお知らせ

「ドクターレザーおかざき」では、2019年10月より"エナメル素材の革染修理"の取り扱いを始めました!今までは当店でも修理不可とさせて頂きて来たエナメル素材の革染修理ですが、新たな工房と提携する事により皆様にエナメル素材の革染修理サービスをご提供する事が可能となりました!。通常の革染修理と比べると修理工程が非常に複雑になってしまう為、修理代金も上がってしまいますが、全国的に見てもかなり希少な修理サービスとなりますので、修理完了後の満足感は非常に高くなると思います。是非、エナメルのバッグや財布などで色落ち、色あせ、色移りなどでお悩みの方はお気軽にお問合せください。

2015年12月5日店長の趣味です

Posted by ドクターレザーおかざき