ラウンド財布【AYAME ANTICO】イントルノ ポルタフォーリオ

portono


ドクターレザーおかざきを開店して以来、様々な革製品を見させて頂いております。やはり、こういった修理業を通して革製品を見ていくと、様々な長所や短所を感じることができるようになってきたと思います。そういった経験を通じて、「当店が考える長く使える革製品を製作しているブランドをご紹介したい。」というコンセプトで皆様にブランド&革製品を紹介していきたいと思っております。


Intorno portafoglio(イントルノ ポルタフォーリオ)とは

イタリア語の商品名なので、まずは商品名がどんな意味なのかと調べてみると・・・

intorno = ラウンド
portafoglio = 財布

まさに、ラウンド財布という名前のラウンド財布になります。

修理を承る財布でもラウンド財布が圧倒的に多いところから考えても、財布の種類別シェアでNo.1なのがラウンド財布タイプなのではないでしょうか。

そこで、今回はアヤメアンティーコ製のラウンド財布を紹介していきます。

商品の特徴

アヤメアンティーコの数ある革製品の中でトップクラスの人気を誇るのが、今回紹介するのがイントルノポルタフィーリオになります。




外観から見ても、非常にシンプルな造形になっていて、万人受けする財布じゃないでしょうか。

お勧めポイント① バレッタレザーのミネルバボックス使用

イタリアの伝統的な革のなめし方法であるバケッタレザーのなかで、バダラッシ・カルノ社が製造しているミネルバボックスという革を使用しています。バダラッシ・カルノ社というのは、世界的に有名なバケッタレザーの製造会社で、中でも上質なイタリアンレザー「ミネルバボックス」が有名だそうです。

ブレスで強制的につけたシボは、使っていく内に薄くなるような事はないですが、ミネルバボックスについているシボは、バケッタレザーの製造段階で自然についた物で、使用していく内に徐々にシボが薄くなってきます。自然の風合いを楽しむことができる革と言えます。

お勧めポイント② 日本の職人による裁縫

ayame3

日本の職人技は、様々な分野で世界で認められています。当然、革の加工の現場でも、日本の職人技術は、世界でも稀に見る丁寧さを持っており、非常に美しい製品を生み出すことで知られています。製品が完成するまでには数多くの工程があり、多くの時間と知識、そして時に忍耐が必要になりますが、そのどれひとつにも妥協をしないことで、最高品質の製品が出来上がります。世界が憧れる日本の工房から、受け継がれる伝統を詰め込んだ製品をお届けします。

お勧めポイント③ 合皮不使用

ayame4

イントルノポルタフィーリオの外側はミネルバボックスの自然な風合いのシボが楽しめるバケッタレザーを使用し、内側にはヌバックとは、革の表面(銀面)を擦り、少しだけ起毛させた独特の革を使用しています。本来そのまま使用できる銀面をあえて擦るという手間を加えることで、エレガンスな風合いを持たせた高級皮革です。触った感じも柔らかく、触り心地が心地よい革です。

さらに、小銭入れや札入れの内側には、非常に耐久性があり、非常に軽量で、すべりがいいナイロングログランという生地が使われています。

触った感じ、見た感じ、すべてにおいて満足できる財布だと思います。これだけのスペックを持つ財布があれば、当店の財布修理の依頼も激減するかもしれませんね・・・。

商品のスペック

商品名 イントルノ ポルタフォーリオ intorno2
サイズ  縦:100mm 横:195mm 厚さ:25mm
重 量  約170g
素 材 外革:ミネルバリスシオ
内革:ヌバック
内装:ナイロングログラン
カラー ネロ(ブラック)、マッローネ(ブラウン)、アズーロ(ブルー)
価 格 29,000円 ( 税込 )
この財布の詳しい説明&購入検討は、「こちらから」

「ドクターレザーおかざき」からのお知らせ

「ドクターレザーおかざき」では、2019年10月より"エナメル素材の革染修理"の取り扱いを始めました!今までは当店でも修理不可とさせて頂きて来たエナメル素材の革染修理ですが、新たな工房と提携する事により皆様にエナメル素材の革染修理サービスをご提供する事が可能となりました!。通常の革染修理と比べると修理工程が非常に複雑になってしまう為、修理代金も上がってしまいますが、全国的に見てもかなり希少な修理サービスとなりますので、修理完了後の満足感は非常に高くなると思います。是非、エナメルのバッグや財布などで色落ち、色あせ、色移りなどでお悩みの方はお気軽にお問合せください。

2017年1月22日

Posted by ドクターレザーおかざき