内張り張替修理

uchi2
バッグや革製品を使っていくうちに、
内張りがベタついてきた
破れてしまったという事はありませんか?
特に合皮で作られた内張りの場合、購入して数年で上記の状態になってしまう事も・・・。

また、外国のブランドの場合、欧米などで使用する分には問題ないが、日本の様な高温多湿の場所では内張りに本革が使用されていてもベタついてきてしまう事があります。
この場合、メーカーで修理したとしても、また数年で同じ症状に悩む事になってしまいます。

この様な症状の場合、内張り張替修理をお勧めします。


内張り張替修理工程

  1. お預かりした革製品の縫い糸を外し、内張り部分を取り外します。
  2. 取り外した内張りのサイズに合わせて新たな内張りを仕立てます。
  3. 針穴に合わせて縫い糸を通し、内張りを取り付けます。

日本国内で使用するなら内張りは断然布張りが適しています
当店の内張り張替では、基本布(シャンタン地)にて張替を行っております。
但し、お客様のご要望で本革製・または合皮製での内張りの張替も承っておりますが、金額が大幅に上がってしまう事がありますので、ご了承下さい。

内張り張替で出来る事

内張り張替については、カスタマイズが可能です。
元々内ポケットが付いていたが使わないのでなくしたい
内ポケットがないので、新しくつけてほしい
仕切りがないので、つけてほしい
等々、お客様のご要望をお聞きして新しい内張りを作成致します。

内張り張替で一番依頼が多いの修理が
このタイプのバッグになります。
※Louis Vuittonのバケット型ですね・・・使われている革と日本の気候の相性がよっぽど悪いのか、結構な頻度でベタつきが発生してしまうそうです。確か、ルイヴィトンではリペアサービスを行っているはずですが、せっかく直しても再びベタついてくることもあるそうで、当店に修理依頼されたお客様もみえます。

作業参考例(ビフォーアフター)


内張り張替については、鞄ごとに内張りの形状が異なる為、ご依頼を受けてからお見積りを出させて頂く事になります。ただし、先述させて頂いたルイヴィトンのバケット型の内張り張替につきましては、価格がきまっていますので、参考にして下さい。

内張り張替の価格

●ルイヴィトン・バケット型内張り張替価格

作業内容 基本価格
標準内張り張替修理 内ポケットなし 18,000円(税別)
・追加作業内容 内ポケット追加 3,000円(税別)

その他のバッグ等の内張り張替につきましては、別途お見積りを出させて頂きます。


●ドクターレザーおかざき で修理させて頂いた修理事例

・【Louis Vuitton】バケット型バッグ
ルイヴィトン修理事例1内張りの合皮が経年劣化によりベタついた為、張替修理の事例・・くわしくは「こちらから

・【IBIZA】二つ折り財布
イビザ修理事例1コイン入れ部分の内張りの革が劣化してしまった為、張替修理・・くわしくは「こちらから

・【LOEWE】ショルダーポーチ
ロエベ修理事例1内張りの塗膜が剥がれて粉を拭いたようになった為、張替修理・・くわしくは「こちらから


PAGE TOP