サービスコンテンツ

ドクターレザーおかざきの革製品の修理について

当店では、店内では修理作業を行っておりません。

お客様から、
ここのお店で修理しているんじゃないんですか?
とよく質問されます。

当店では日本全国の革製品の修理職人と提携しております。いくら職人とはいえ、どうしても得意不得意の分野がある訳で、一人だけで対応する場合、時には不得意の分野の修理をお客様に提供する事になってしまいます。だったら一人の職人がすべての修理を行うスタイルではなく、鞄修理なら鞄修理が得意な職人、革染めなら革染め専門の職人という形で、その道のスペシャリストとよべる職人がお客様の修理をさせて頂くスタイルにしようと思いドクターレザーおかざきを立ち上げました。

そんな修理体制ですので、その場でお見積り金額をご提示する事ができなかったり、修理完了までにお時間を頂く事もありますが、絶対の自信をもってお客様の大切な革製品を修理させて頂いております。

修理完了後の鞄や財布などを見て頂ければ、必ず満足して頂けると思っています。

革製品を修理するという選択

皆様は、愛用の革製品が壊れてしまったり、汚れてしまったりしたらどうしますか?

脈絡もなくいきなり、お店の説明から革製品が壊れてしまったときに話が飛んでしまいましたが、思い出のものだったり、大切な方からの贈り物だったり、自分へのご褒美に勝ったものだったりと革製品に対する思いれも十人十色ですし、当店へ修理を依頼される理由も千差万別です。
実際、当店へ革修理をご依頼する理由として多いのは、

「正規店で修理を出せばいいんだろうけど、今後も売る気はないし(ブランド品は正規店以外での修理を行った場合、純正品扱いされなくなります。)、使えなくなるまで使っていくから、遠い正規店で修理するより、近くで修理できるお店があるなら、今後も修理する時に便利だから。」

「正規店では修理不可と言われてしまい、諦めていた時に当店の事を知ったので。」と廃盤などの理由で修理を断られた場合でも、当店では修理をさせて頂ております。

「買えば4,000~5,000円程度の鞄だけど、思い出の物だから修理したい。」と購入金額の何倍もする修理を選択される方もみえます。

正直言いまして、修理費用は安くありません。見むしろ高くないか?と思われる方も多いかと思います。

実際、お見積りを出させて頂くと、「え?そんなにするの?」とか、「そんなにするなら新品買った方がいいね。」と言われることがあります。きちんと修理内容を説明させて頂くと、修理費用について納得してもらえるんですが、金額だけ聞いたら高いと思われてしまうみたいですね。

革製品を買った時に、日々のメンテナンスについての説明があり、メンテナンスをする事が一般的になってきたら、修理屋の自分が言うのもなんですが、修理件数はもっと減ると思います。それだけ革製品というのは手をかければ、素直に答えてくれるものなんです。

革製品というのは、元来手をかけながら経年変化を楽しみつつ、時には修理もしながら自分の分身のように育てていくものだと言われています

特にヌメ革を使用している革製品については、
・買った時は、固くて使いにくいんですが、徐々に馴染んできて柔らかくなってきます。
・雨が付いてしまったりて濡れてしまったら、すぐ乾かしてクリームを塗ってあげる。
・適度な保湿を保ちながら、乾燥させてやる。
そんな手間をかけながら、白っぽい革が徐々に飴色に変化をしていきます。

そして、自分の思い描いていた色になった時、今まで以上に愛着が湧いてくると思います。
ヌメ革ではなく、染色された革を使ったものでも、色の変化はあまりないですが、それでも自分好みの革の固さになって使いやすくなったバッグや財布が手元にあるはずです。

そうなってくると、仮に壊れても、買い替えるという選択肢ではなく、修理するという選択肢を選ばれる方が増えてくるはずです。修理代が高いから新品を買うという選択ではなく、新品がかえるお金を修理代に回して、自分好みになって使い勝手がよくなった革製品を修理(&カスタマイズ)するという選択肢があってもいいと思うんです

ドクターレザーおかざきは、お客様の想いを形にさせて頂きます

ドクターレザーおかざきで出来る事

ドクターレザーおかざきでは、鞄、財布等の革製品から靴のクリーニング&リカラーまで革製品全般の修理を承っております。下記に主な修理を記載させて頂きますが、もちろん記載されていない修理もお気軽にご相談ください。

鞄(バッグ)の修理

  1. 革染め修理(染め直し、染め替え、つや出し等)
  2. ファスナー修理
  3. 内張り張替修理
  4. 持ち手修理
  5. ショルダーベルト付け根修理
  6. ホック、金具等の修理

財布(ウォレット)の修理

  1. 革染め修理(染め直し、染め替え、つや出し等)
  2. ファスナー修理
  3. 内張り張替修理
  4. ほつれ修理
  5. マチ部分破れ修理
  6. ホック、金具等の修理

靴のクリーニング&リカラー

革張りソファー&イスの修理

修理に対する思い

新品の革製品の製造と異なり、修理する革製品は、仮に同じ財布が同時に依頼されたとしても革の状態、質感すべてが異なります。ドクターレザーおかざきでは、ご依頼品一つ一つに適した修理を行う為、ワンオフ作業の積み重ねでお客様の依頼品の修理を行っております。

修理の際、いくらでもわがままをおっしゃってください。可能な限りお客様の思いを形にしてみせます。
例えば、
・持ち手の修理の際、長さを変えて、平手から丸手に変えてほしい。
・内張交換のさい、内側の仕切りを取り外してほしい。
等々・・・。

長く使って頂くために、当店では、通常の修理のお見積りとは別にご提案という形でカスタマイズ修理のお見積りも出させて頂く事があります。当店での修理実例の紹介(ビフォーアフター)を見て頂いているのか、使い方に合わせ改良する修理(カスタマイズ修理)を選択されるお客様も増えてきました。使い勝手を向上させ、それでいて見た目違和感のない修理をさせて頂いております

お客様専用の革製品にする事で、今まで以上に大切にそして長く使って頂きたい。
そんな事を考えながら、修理のご提案をさせて頂いております。

 


PAGE TOP