パキラを買ってみた

最近「観葉植物」の育成に目覚めつつあるドクターレザーおかざきの店長です。

今回は、別件でダイソーに行った際、ふと観葉植物コーナーで見かけた「パキラ」を買ってみました。

MEMO「パキラ」って?


手を広げたような葉が特徴な熱帯原産の常緑高木になります。何やら原産地では高さが20mちかくになるんだとか。幸か不幸か日本で育てているとそこまで高くはならないみたいですが。
また非常に生長力も旺盛で、観葉植物育成初心者にお勧めの品種とも言われています。

さて、そんなパキラを何故買おうと思ったのか?
それは・・・・

風水では「発財樹」とも呼ばれる縁起のよい観葉植物である。

と聞いたからです・・・。

詳しいことはGoogle先生に聞いていただくとして、パキラは仕事運、金運の上昇が見込まれる木であると聞いていたので、是非店舗に置かねば!と思ったわけなんです。


いざ、パキラを買おうと思い、調べてみると・・・パキラには「自生苗と挿し木苗」があるそうですね。こういった観葉植物はなにやら「挿し木」で増殖することが可能な品種が多そうです。お店におく関係上あまり大きくなっても困るので、「挿し木」のパキラでいいかな~って思うのですが。それと「自生苗」のパキラは時期が合わないと市場に出回っていないそうみたいですね。(時期が合えばダイソーでも「自生苗」のパキラが普通に売られているそうですが・・・。)

植え替えてみよう

さて、そんなこんなでダイソーで買ってきた「パキラ」がこちら

切るからに「挿し木」のパキラです。これが100円。もう少し大きな幹の物も売られていたんですが、そちらは300円。今回はカウンターの脇に飾ろうかと思っているので、100円の小さいパキラを購入しました。

このまま飾っておいてもいいような気がするのですが、あまりにも植木鉢が小さくて貧相なので、もう少し大きな植木鉢に植え替える事にします。
(もし、パキラを購入した時期が秋~春の寒い時期の場合、植え替え時期から外れまくっているのでこのままの状態で6月くらいまで待つ必要があります。)

畑作している関係もあり腐葉土は沢山あるので、腐葉土に赤玉土をブレンドしていこうと思います。

ホームセンターなどで大容量の物を買った方が明らかにコスパは高いのですが、一鉢植え替える為に20kgも赤玉土なんぞいりません・・・。そして中央に移っているのが今回移し替えようと思っている植木鉢です。これも100円。

植木鉢の底に水はけをよくするために「鉢底石」(写真左側)を入れるんですが、これまたそんなに使う物でもないので、なかなか減りません。
前回植え替えを報告させてもらった「サンセベリアの植えてみた」の際にも二鉢分使ったのですが減った感じがしません・・・。

実際これくらいしか使わないですからねえ・・・。

鉢底石を引いてその上から腐葉土と赤玉土をブレンドした土を入れて、パキラを植え付けていきます。

土をいじっている時は写真を撮影できないので、いきなり植え替え終了後にスキップしてしまい申し訳ないです。

土の間でごろごろ玉の様な物が「赤玉土」になります。

そして、このあとたっぷりと水をあげます。(植木鉢の下から水が流れ出てくるくらいが一つの目安です。)
自分的には土と根がしっかりと結ばれるようにする為の水やりだと思っているので、たっぷりあげてくださいね。

とりあえず、こんな感じで飾ってみました。
土の面が見えないようにバークチップをひいておきました。見た目はいいんですが、これを引くと土の乾き具合がわかりにくくなるので水やりのタイミングがわからなくなりそうなのが難点ですかね。

今回植え替えた「パキラ」がどんな成長を見せてくれるのか、また紹介していこうと思います。

「ドクターレザーおかざき」からのお知らせ

「ドクターレザーおかざき」では、2019年10月より"エナメル素材の革染修理"の取り扱いを始めました!今までは当店でも修理不可とさせて頂きて来たエナメル素材の革染修理ですが、新たな工房と提携する事により皆様にエナメル素材の革染修理サービスをご提供する事が可能となりました!。通常の革染修理と比べると修理工程が非常に複雑になってしまう為、修理代金も上がってしまいますが、全国的に見てもかなり希少な修理サービスとなりますので、修理完了後の満足感は非常に高くなると思います。是非、エナメルのバッグや財布などで色落ち、色あせ、色移りなどでお悩みの方はお気軽にお問合せください。